エネルギーの収支をゼロに!セキスイハイムが目指すもの

セキスイハイムは単なる住宅メーカーではありません。現代社会が抱える数々のエネルギー問題を真摯に受け止め、それらに対する有効なソリューションを住まいに盛り込んでいくスタンスを取っています。大きな災害によって停電になった場合、たとえ家が無事でも普通の生活を再開できるまで、かなりの時間を要するケースが多くありました。

 

そういった事態を招かないようにすることも重視して、エネルギーの収支がマイナスにならない家づくりを目指しているのです。

 

もちろん有事の際だけでなく、平常時の節約やエコにつながることも大きなポイントとなっています。電気代は災害の影響や石油の価格などによって決められる流動的なものです。

 

電気を買い続ける限り、そのような不安定な仕組みに振り回され続けることになります。言い換えると、電気を買う必要がない住まいであれば、電気代が上がってもほとんど家計に対するダメージを受けません。そう言われると、太陽光発電のシステムのある家はすべて当てはまると感じる人もいるでしょう。

 

ところが、そのような家でも太陽光が届かない夜や雨天の日は電気を購入しているのが一般的です。それに対してこちらの住まいは、そういうときでも電気を買わなくて済むシステムが搭載されています。

 

災害が起こらなくても、石油や天然ガスなどを原料としている限り、今後価格が上がっていくのは間違いありません。それらは枯渇に近づくほど値打ちが高まっていくので、それで発電した電気が将来的には現状の数倍になることも十分にありえます。したがって、早めに他の方法でエネルギーを安定的に確保できるようになっておく意味は大きいです。

 

セキスイハイムの住宅はまさにそれを実践できるものに仕上がっています。これまでエネルギーの創造と節約に焦点を当てていましたが、第三の柱として蓄えることも重視するようになりました。太陽光が届かなくても電気を買う必要がないのは、蓄電池が備わっているからに他なりません。

 

消費電力を超える量を発電して、余った分を蓄えることにより、エネルギーのロスを最小限に抑えることを可能にします。

 

もちろん二酸化炭素の排出量も大幅に低減できるため、地球にとっても非常に優しい存在です。そこで暮らしているだけで、社会貢献しているといっても過言ではありません。そのようなテクノロジーの集大成であり、スマートハウスと表現するのにふさわしい未来に向けた住まいを提供しています。